ストラクチャーデッキ「マスター・リンク」特集

商品画像アニメ「遊☆戯☆王VRAINS(ヴレインズ)」の主人公「遊作」がVR空間で闘う姿─── その名は「Playmaker(プレイメーカー)」。
その主人公があやつるリンクモンスターやサイバース族モンスターを中心とした、思いきりリンク召喚を楽しめる構築済みデッキ「STRUCTURE DECK マスター・リンク」が、6月23日(土)に登場!

今回は水属性の「シューティングコード・トーカー」が登場し、「コード・トーカー」モンスターがついに6属性そろい踏み!これまで登場してきた「コード・トーカー」モンスターたちを組み合わせて自分だけのデッキを作る楽しみも──

まずは、このデッキの使い方や新カードをチェックしよう!

デッキの使い方-新カードを中心としたプレイングイメージ

まずはプレイングガイドで、新カードを中心としたコンボのイメージをチェックしよう!

「パワーコード・リンク」デッキの使い方

水属性の「コード・トーカー」モンスターを始め、新たなリンクモンスター3体収録!

複数回モンスターに攻撃する効果を持つエースモンスター「シューティングコード・トーカー」───
そして、その効果を引き出す布陣につながる効果を持つ2体のリンクモンスターを紹介!

最大3回までモンスターに攻撃できる効果を活かし、ドローする効果につなげる強烈なコンボを狙え!!

シューティングコード・トーカーリンクマーカー[リンク3/サイバース族/ATK 2300]
サイバース族モンスター2体以上
①:自分バトルフェイズ開始時に発動できる。このバトルフェイズ中、このカードはこのカードのリンク先のモンスターの数+1回まで相手モンスターに攻撃できる。このターン、相手フィールドのモンスターが1体のみの場合、そのモンスターと戦闘を行うこのカードの攻撃力はそのダメージ計算時のみ400ダウンする。②:自分・相手のバトルフェイズ終了時に発動できる。このターンにこのカードが戦闘で破壊したモンスターの数だけ自分はデッキからドローする。

リンク先の仲間の数でパワーアップ!去り際に墓地から仲間を戦線に復帰させる効果も持つ!

エルフェーズリンクマーカー[リンク2/サイバース族/ATK 2000]
レベル3以上のサイバース族モンスター2体
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:このカードの攻撃力は、このカードのリンク先のモンスターの数×300アップする。②:リンク召喚した表側表示のこのカードがフィールドから離れた場合、自分の墓地のレベル4以下のサイバース族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン、効果が無効化され、リンク素材にできない。

墓地から「コード・トーカー」モンスターを呼び戻せ! 強烈な布陣を構える起点にもなる!

トークバック・ランサーリンクマーカー[リンク1/サイバース族/ATK 1200]
レベル2以下のサイバース族モンスター1体
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:このカード以外の自分フィールドのサイバース族モンスター1体をリリースし、そのモンスターと元々のカード名が異なる自分の墓地の「コード・トーカー」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターをこのカードのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。


新たなサイバース族が続々登場!手札からリンク素材となる効果を持つカードも!?

モンスターを展開する効果を持つなど、リンク召喚につなげやすい新たなサイバース族モンスターが多数登場!
「コード・トーカー」たちのリンク召喚時に手札からリンク素材となれる、類まれな効果を持つモンスターに注目!!
手札を補充する効果を持つモンスターも多く登場し、息切れしにくいコンボにつなげて強力な展開が狙える!

自身を手札から特殊召喚する効果からリンク召喚につなげつつ、ドローする効果も引き出そう!

レイテンシ [ATK 0/DEF 0]
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:このカードが効果で自分の墓地から手札に加わった場合に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。②:このカードの①の効果で特殊召喚したこのカードがリンク素材として墓地へ送られた場合に発動できる。自分はデッキから1枚ドローする。

リンク素材として墓地に送られるだけで、ドローする効果で手札を補充!!

スワップリースト [ATK 500/DEF 1000]
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:このカードがリンク素材として墓地へ送られた場合に発動できる。このカードをリンク素材としたリンクモンスターの攻撃力は500ダウンする。その後、自分はデッキから1枚ドローする。

手札から特殊召喚!攻撃対象となったサイバース族の攻撃力・守備力を倍にする強烈な効果を持つ!!

デフコンバード [ATK 100/DEF 1700]
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:手札からこのカード以外のサイバース族モンスター1体を捨てて発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。②:1ターンに1度、自分のサイバース族モンスターが攻撃対象に選択された時に発動できる。そのモンスターの攻撃力・守備力はそのダメージステップ終了時まで元々の攻撃力の倍になる。そのモンスターが攻撃表示の場合、さらにその表示形式を守備表示にできる。

手札からリンク素材となる効果が強力!デッキから強力なカードを手札に加える効果も引き出す!!

マイクロ・コーダー [ATK 300/DEF 0]
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:自分フィールドのサイバース族モンスターを「コード・トーカー」モンスターのリンク素材とする場合、手札のこのカードもリンク素材にできる。②:このカードが「コード・トーカー」モンスターのリンク素材として手札・フィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。デッキから「サイバネット」魔法・罠カード1枚を手札に加える。フィールドのこのカードを素材とした場合にはその1枚をサイバース族・レベル4モンスター1体にできる。

仲間のリンクモンスターを戦闘から守り相手を手札に戻してしまおう!墓地のカードを再利用する効果も強力!!

プロフィビット・スネーク [ATK 500/DEF 1000]
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:自分のサイバース族リンクモンスターが相手モンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時に、このカードを手札から墓地へ送って発動できる。その相手モンスターを持ち主の手札に戻す。②:このカードが墓地に存在し、自分のサイバース族モンスターが戦闘で相手モンスターを破壊し墓地へ送った時、自分の墓地からカード1枚を除外し、自分の墓地のレベル4以下のサイバース族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。

手札からリンク素材となる効果が強力!相手フィールドのモンスターを無力化する効果にもつながる!!

コード・ラジエーター [ATK 1600/DEF 800]
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:自分フィールドのサイバース族モンスターを「コード・トーカー」モンスターのリンク素材とする場合、手札のこのカードもリンク素材にできる。②:このカードが「コード・トーカー」モンスターのリンク素材として手札・フィールドから墓地へ送られた場合、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターは攻撃力が0になり、効果は無効化される。フィールドのこのカードを素材とした場合にはこの効果の対象を2体にできる。


「コード・トーカー」たちやサイバース族をサポートする魔法・罠カードも登場!

サイバース族やリンクモンスターの展開を強力にサポートする魔法・罠カードを紹介!

相手モンスターの直接攻撃を無効にしつつ、トークンを3体まで特殊召喚!!! 反撃につなげよう!

スプール・コード [速攻魔法]
①:自分の墓地のサイバース族モンスターが3体以上の場合、相手モンスターの直接攻撃宣言時に発動できる。その攻撃を無効にする。その後、自分フィールドに「スプールトークン」(サイバース族・光・星1・攻/守0)を3体まで守備表示で特殊召喚できる。このトークンはアドバンス召喚のためにはリリースできない。

サイバース族1体を召喚する効果を発動できる永続魔法!「コード・トーカー」モンスターの戦闘も支援!!

サイバネット・オプティマイズ [永続魔法]
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:自分メインフェイズに発動できる。サイバース族モンスター1体を召喚する。この効果の発動後、ターン終了時まで自分はサイバース族モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。②:自分の「コード・トーカー」モンスターが戦闘を行う場合、相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。

「コード・トーカー」たちを呼び、デッキから仲間を手札に!! 同一ターン中でも違う属性を呼び出す度に発動可能!!

サイバネット・コーデック [永続魔法]
このカード名の効果は同一チェーン上では1度しか発動できない。①:「コード・トーカー」モンスターがEXデッキから自分フィールドに特殊召喚された場合、そのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターと同じ属性のサイバース族モンスター1体をデッキから手札に加える。このターン、同じ属性のモンスターを自分の「サイバネット・コーデック」の効果で手札に加える事はできない。この効果の発動後、ターン終了時まで自分はサイバース族モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

モンスターの効果・魔法・罠カードの発動を無効にして除外!! その同名カードの発動をしばらく封じる効果も!!

サイバネット・コンフリクト [カウンター罠]
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。①:自分フィールドに「コード・トーカー」モンスターが存在し、モンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時に発動できる。その発動を無効にし除外する。次のターンの終了時まで、相手はこの効果で除外したカードと元々のカード名が同じカードの効果を発動できない。


再収録されるカードにも注目!

これまで活やくしてきたカードや、今も活やくしている強力な注目カードも多数収録!
効果モンスター2体でリンク召喚できるリンク2の「コード・トーカー」や、特殊召喚する効果でサイバース族の展開やリンク召喚をサポートする「サイバース・コンバーター」、さまざまなデッキでモンスターの展開をサポートする「二重召喚」「戦線復帰」など、強力なカードがたくさん入っている!

「マスター・リンク」収録カード(再収録)


キミならどんなカードを組み合わせてデッキを組む?

キミも相性の良いカードを思いつくだけ挙げてみよう!
───条件を指定してカードデータベースで検索すれば、新たな可能性が見つかるかも!!

▼カードデータベースで、すでに発売されているカードを調べる
「コード・トーカー」モンスター
サイバース族リンクモンスター
サイバース族モンスター
    [レベル2以下] [レベル4以下] | [レベル3以上]
    [闇属性] [光属性] [地属性] [水属性] [炎属性] [風属性]
「サイバネット」魔法カード
「サイバネット」罠カード


STRUCTURE DECK マスター・リンク [2018年6月23日発売]
アニメ「遊☆戯☆王VRAINS(ヴレインズ)」の主人公「遊作」がVR空間で闘う姿─── その名は「Playmaker(プレイメーカー)」。その主人公があやつるリンクモンスターやサイバース族モンスターを中心とした、リンク召喚を楽しめる構築済みデッキが登場!!今回は水属性の「シューティングコード・トーカー」が登場!これで六属性がそろうぞ!リンク召喚をあやつるキミだけの主人公デッキで楽しもう! [ 商品情報ページへ]